出来上がりました(^-^)ガレット・デ・ロワです。

フランスで1月6日の公現節に家族で切り分けて食べるとされているお菓子です。

「ロワ」は王をさす言葉で、東方の三博士を指すそう。

20141213-g01.jpg


折りパイにアーモンドクリームが入っていて、模様は、月桂樹・太陽・ひまわり・麦の穂と4種類あるのだとか。

今回は、月桂樹を作りました。

フェルトの表面に細かい切り目を入れて模様を描いていきます。

失敗は許されないので慎重に慎重に。綺麗な模様ができたと思います。

20141213-g02.jpg

他の模様も作ってみたかったのですが、次回のお楽しみにします^^


パイ部分はこんな↓感じです。根気よくフェルトを重ねました。

上部にあわせて側面もカット。とにかく細かなカットワークの多い作品でした。

20141213-g03.jpg


ガレット・デ・ロワの中にはフェーヴという陶器製の人形などが入っていて、

フェーヴが当たった人は王冠を被り祝福を受けるとか。

フェルト製ですが、フェーヴも作りました。

直径1.2cmのベリーのケーキ。トリコロールカラーです。

20141213-f01.jpg

オマケでクッキーセットも作りました。

20141213-f02.jpg

大きさをゼムクリップと比較~(^-^)

20141213-f03.jpg


この作品も小物入れです。最初に布箱を作り、ケーキに仕立てています。

中の布は、赤に雪の結晶のものを使いました。

20141213-g04.jpg

王冠もフェーヴも収納できます。

20141213-g05.jpg


この作品づくりで、つまづいたのが王冠でした。

クッキー製にしてみたり、形もあれこれ試作しても上手くいかず、本当に悩みました。

紙をカットしても細工が細かいと汚く見えてしまうんです。

王冠の無いガレット・デ・ロワは、ありえない。

諦めてしまおうかと思ったときに夢のお告げがあったんです。

ハートをつなげて王冠を作る夢を見たのです。

実際に作ってみたら「可愛いし王冠に見える!」と言うことで採用にしました(*^-^*)

夢の中では、ハートのクッキーをつなげたものだったのですが、この王冠は紙製です。


直径7.2cm、高さ2.5cm強。小物入れの直径約5.5cmの作品です。


tetoteさんに出品しました。

作品ページはこちらから→https://tetote-market.jp/creator/sakuya/kd2140987512/

見てくださるだけ嬉しいので、覗いてみてくださいね

今季は、再販の予定はありません。

20141213-g06.jpg


*いつもありがとうございます*
みなさまのクリックが励みになります↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村
フェルトブログランキング
関連記事


コメント

  1. 鼓太郎 | 86CE.Nao

    こんばんは〜
    とてもステキな作品ですね!
    ハートを繋いだ王冠が可愛いくて最高!
    夢の中で解決なんてすごい!
    いったいどうしたら作れるんでしょう…いつも不思議に思います。。
    製作過程覗いたら鶴になって飛んで行くんじゃ・・(なんじゃそりゃ;^_^A)
    目の保養です、ありがとうございました♡

    体調は良くなりましたか?
    寒いので油断は禁物、お身体大切になさってくださいね。

    ( 21:54 [Edit] )

  2. saku.y@ | 9l6iMxYA

    鼓太郎さま *

    こんにちは(^-^)
    王冠は夢に助けられました!本当に苦慮していたので^^
    こんなこともたまにはあるんですね。
    製作過程は果てしなく地味で地道です(笑)
    鶴なんてキレイなものではないですが、出来上がったときは羽ばたいた気分かも!?
    ステキな作品と言っていただいて嬉しいです♡ありがとうございます。

    体調は回復しました。お心遣いありがとうございます。
    本当に寒いので、鼓太郎さんもお気をつけくださいね!

    ( 12:53 [Edit] )

  3. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 14:35 )

  4. saku.y@ | 9l6iMxYA

    鍵コメさま

    こんにちは(^-^)
    いつも見ていただいて励みになります!
    コメントありがとうございます♡

    ( 17:48 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


◆最新記事